>>No.173

今週のひと

ホラー「着信あり2」で映画初主演


 
ミ ム ラさん

 携帯電話を伝わってくる恐怖を世界中に伝播させた「着信アリ」。前作の大ヒット
を受け、続編「着信アリ2」が2月5日、全国東宝系で公開されます。主演にミム
ラ、恋人役に吉沢悠、瀬戸朝香を迎えた第2弾。新たなステージで新たなキャストに
よる恐怖。主演のミムラさんに伺いました。

プロフィール
 1984年生まれ。フジテレビの月曜9時「ビギナー」(3年)のヒロインオーディションで1万人以上の公募のなかからグランプリを受賞、主演に大抜擢される。芝居経験はなかったが、OL出身で弁護士を目指す司法修習生を演じ、鮮烈な印象を残す。以後、CX「ファイヤーボ−イズ〜め組の大吾」、「離婚弁護士」と人気ドラマに出演。「海猫」(4年・森田芳光監督)で映画初出演し、演技の幅を広げる。映画初主演となる本作では、恐怖とともに愛を感じさせるストーリーの中心を担う。



今回は、主演とかホラーということ抜きに「映画をやりたい」とすごく思っていたんですよ。初めて映画に出演した「海猫」は、森田監督がとても優しく、現場は一つの作品をみんなで作るという感覚がすごく強く、楽しくてまたやりたいと思いました。

「着信アリ2」は好きなジャンルのホラーということで、ますますうれしくて。とにかくお話をいただいたときは「やった!」という感じでした。

 「着信アリ」の映画と「着信アリ2」の台本を比べると「2」のほうが一人ひとりの人物描写がしっかり描かれています。私は保育士でチャイルドセラピストを目指し、吉沢悠さん演じる恋人の尚人はカメラマンの修行中。私が死の着メロを受け、彼とルポライター役の瀬戸朝香さんが謎を解こうと動き出すんです。それぞれの人物のくやしい、かなしい、落ち込むという感情がすごくわかりやすい形で表現され、死んでしまうということが怖いという感じにつながるのかなと思います。

 私は表情がよく動くんですよ。ホラー映画はオーバーな表情の動きよりもちょっとした目のゆらぎや口の息づかいだったり、かすかな動きのほうが想像を膨らませてしまう部分があると思ったんです。それも考えて自分の表情筋の使い方は70%だけど心情は120%に。声を出すときは表情も変わりますが、恐怖や悲しさで叫ぶときは思いっきり叫びました。

 撮影は薄暗いところが多かったです。画面として暗くするということは薄暗くするということで、暗くて不気味で怖いところでしたが、楽しかったですよ(笑い)。炭鉱の跡は撮影にうってつけの場所でぜんぶ本物なんです。杏子がくさった木に倒れこんだときも、かびのにおいがして感情移入や心細さも演じやすかった。美術さんの努力の結晶なのか、リアルなのか見分けがつかないくらいところもあって、それがうまくスクリーンに出ているんじゃないかしら。塚本監督はベースを自由にやらせてくれ、相談をすればのってくれる。演じていると「あ、信頼されているな。それならがんばろう」という感覚があって、身の引きしまる思いでした。

 ホラーは、恐怖としての怖さだけだと思うのですが、そうじゃない怖さは実はたくさんあって、怖さはどこにでも潜んでいます。ホラーに対しては怖がりではないですが、世の中に怖いと思うものはたくさんあって、人間の心理が崩壊していく怖さも大嫌いですし、鯉のぼりとピエロが嫌いです(笑い)。

 今回は主演としての面白さもあったけれど、演技をすることがダイレクトに楽しめるので、どんな役でもやってみたいと思う。もともと私は天邪鬼で毒気が強い(笑い)ので、そういう役もやってみたいですね。

 この映画は今までみたホラー映画のいいところを自分なりに消化して作っています。ぜひ、ご覧になってくださいね。


本紙をご希望の方はお気軽に当社までお問い合わせください。
株式会社 奥様ジャーナル
TEL 052(582)1071  FAX 052(582)0195
〒450-0002  名古屋市中村区名駅2-44-5 名駅パークビル9F
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO