>>No.169

NHK「オーダーメード
 〜幸せの色の紳士服」で母親

竹下 景子
さん

 NHK名古屋放送局制作の月曜ドラマシリーズ「オーダーメイド〜幸せ色の紳士服店〜」が11月29日(月)から連続5回放送されます。ストーリーは、仕立て屋という男社会にもまれながら、持ち前のバイタリティーと明るさで、お客様の「特別な一着」をつむぎ出していく、女性テーラーの人情味あふれるホームドラマ。娘を温かく見守るお母さん役の竹下景子さんにドラマのこと、子育ての話を伺いました。

プロフィール
 昭和28年、名古屋市生まれ。東京女子大学卒。昭和48年、NHK「中学生群像」でデビュー。映画「ジャングル大帝」「学校」「千年の恋 光源物語」、山田太一スペシャル2002「旅の途中で」などテレビドラマ、映画、クイズ番組などで活躍中。今月は名鉄ホール「男を金にする女」の座長として出演。今回、名古屋放送局出演は34、5年ぶり。結婚20年、息子2人。趣味はスキューバダイビング、三味線、長唄。


 長塚京三さん演じる「テーラー楠」のお父さんは、職人を絵に描いたような頑固おやじ。私は娘、花梨(上原美佐)の母親役。10年前に幼い息子を亡くし、目が行き届かなかっために死なせたという心の傷を負っています。ふだんはのほほんとしていますが、芯は強い。お父さんとじゃじゃ馬娘との潤滑油の役割を果たし、純情でもったいないようなお母さんです。

 日本人は「I LOVE YOU」とは言いにくい。でも50代の夫婦で「好きよ」とか「お父さんが一番正しいと思う」「りっぱだからこのままでいてください」と言えるのはすがすがしい気持ちになります。

 このドラマは家庭の空気が大事な部分で、何気ないせりふもうそに見えない。でも何気なくやってしまうと淡々と流れてしまうので、間の取り方やせりふの付けたし、動きでかっちりとしたものを作っています。

 今は情報がありすぎて、「知っている」ということがバーチャルになりすぎて落とし穴になってしまうこともあります。頭でわかるのではなく、体を使って感じることしか自信につながらないんです。花梨のように父というモデルがあると、汗と涙が詰まった洋服づくりや働き方を見ている。そんななか好きな仕事を見つけ、無我夢中で仕事にまっしぐら。夢が持ちづらいときに若くして仕事に一生懸命になるのは、すてきなこと。今の時代、興味を持ったり、こだわったりすれば、できるということをこのドラマを通じて感じてほしいですね。

 わが家の高校一年の二男は、「13歳のハローワーク」という本を読み、写真家になりたいなと言っていたと思ったら、彫師もいいな、なんて興味は二転三転するようで、親を一喜一憂させています(笑い)。夫は写真家ですが、親に反対されながらやってきた職業なので、子どものほうから何かやりたいといえばアドバイスをするぐらいかしら。

赤ん坊のころは舞台の仕事を控え、長期のロケもやめていましたが、おばあちゃんやベビーシッターの方もいて心配せず、家を空けられました。ただドラマや舞台で1カ月ほど空けると朝と夜はかかさず息子に電話をします。顔が見られない以上、声は聞きたいし、お母さんは見てるよということを伝えたくて。毎日一緒にいるわけではないので、友だち感覚ですよ。

 一昔前は、親が十分見てやれなくてもご近所の目があって、大人たちに見守られながら育ちました。今は、個人が尊重されるあまり、地域の力、ご近所つきあいも弱くなっています。これからは子どもの数も減っていくことですし、家庭も地域も学校も同じ目線で見て子育てをしたいもの。このドラマのように、みんなが家族としてよくしていこうというのが第一歩じゃないかしら。




本紙をご希望の方はお気軽に当社までお問い合わせください。
株式会社 奥様ジャーナル
TEL 052(582)1071  FAX 052(582)0195
〒450-0002  名古屋市中村区名駅2-44-5 名駅パークビル9F
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO